【2024年最新】ホットヨガスタジオ loIve ロイブ 徹底ガイド

ヨガ

ロイブってどんなとこ?

全国展開している人気のホットヨガスタジオです。業界最多規模のプログラム数を誇り、さまざまな効果が得られると評判です。

ステマ規制への対応について1

ホットヨガのよいところ

ホットヨガは、室温38℃、湿度65%の環境で行うヨガ。室温でのヨガより汗がかきやすいだけでなく、カラダを柔軟にしてくれます。汗をかいても肌が乾燥せず、べたつきもしない、絶妙な温度と湿度が保たれています。

ホットヨガの効果

大量に汗をかくことで新陳代謝がアップし、効率的に脂肪を燃焼。カラダの中の老廃物を排出してデトックス効果も期待できます。

効果1

無理のない全身運動で運動不足解消

効果2

たっぷり発汗しでしっかりデトックス

効果3

カラダを内側から温めて血行促進

効果4

筋肉のバランスを整え、骨盤のゆがみ改善

効果5

インナーマッスルを鍛えて筋力アップ

効果6

代謝アップで太りにくいカラダへ

効果7

呼吸を意識してリラックス&ストレス解消

ロイブの魅力を徹底解説!

ロイブのホットヨガスタジオでは、酸素を使わない電気サウナストーブを使って暖めています。安全性が高く、カラダの芯からポカポカ温まります。また、プラズマイオンを発生する加湿器を導入するなど、乾燥することなく汗をかくことができます。

魅力1 好立地でアクセス良好

全国に63店舗展開(関東9店舗、北海道4店舗、東北地方4店舗、北陸甲信越地方10店舗、東海地方8店舗、近畿地方12店舗、中国地方4店舗、四国地方4店舗、九州地方8店舗)。どの店舗も、駅前や駐車場完備の施設など、便利な場所にあります。(2024年2月現在)

魅力2 プログラム数が豊富

定番から経験者向け、海外で話題のものまで、多彩なプログラムを用意。週ごとに、曜日や時間を入れ替えるため、毎週、同じ時間に通っても違うメニューが受けられます。

魅力3 女性専用スタジオで安心

スタジオを利用できるのは女性のみ。たくさん汗をかいて、気兼ねなくポーズが取れます。

魅力4 ヨガマットを完備

スタジオ内に予めヨガマットが用意されているので、かさ張るヨガマットを持参する必要はありません。

魅力5 清潔なシャワールーム&パウダールーム

衛生管理を徹底した個室タイプのシャワーブースを完備。パウダールームには、ドライヤーをはじめ、コットンや綿棒、化粧水などのアメニティも揃っています。

魅力6 リーズナブルな料金

初めての方は、手ぶらで体験レッスンが受けられます。体験レッスンには、必要なものが用意されているので、気軽に体験できます。

【体験レッスンに含まれるもの】

・レンタルウェア上下

・バスタオル

・フェイスタオル

・水550㎖×2本

・ヨガマット

【体験レッスンに持って行った方がよいもの】

・替えの下着

・メイク道具

体験レッスン料 0円(60分)

【入会金・諸費用】

入会金 1,000円(税込1,100円)

施設使用料 2,300円(税込2,530円)

事務手数料 4,700円(税込5,170円)

※体験当日に契約すると、入会金と事務手数料は0円!詳細は各スタジオでご確認ください。

まずは体験レッスンがおすすめ!

【レッスン料金】

■マンスリー料金

月4回会員 月4回までレッスンを受講可能 フルタイム

8,100円(税込8,910円)~9,100円(税込10,010円)

■デイタイム会員

1カ月通い放題 15時スタートのレッスンまで

8,080円(税込8,888円)~12,400円(税込13,640円)

■フルタイム会員

1カ月通い放題 フルタイム

9,930円(税込10,923円)~14,200円(税込15,620円)

■追加受講

2,000円(税込2,200円)/1回

■ドロップインシステム(月会員ではなく、1回ずつ受講する場合)

1回の受講につき

2850円(税込3135円)~3200円(税込3520円)

※料金はスタジオにより異なります。

※その他、お得な料金プランも用意。店舗により実施しているプランが異なります。詳しくは各店舗ページでご確認ください。

ロイブのホットヨガはこんな人におすすめ!

ヨガ&ホットヨガ初心者

ハードな運動が苦手な人

カラダのかたい人

冷え性・肩こりの人

ダイエットしたい人

リラックスしたい人

滝汗をかきたいなら、ビート・ドラム・ダイエットをチェック!

ほかのヨガスタジオと比較したい方はこちらもチェック!

  1. 本コンテンツはcocoicoが独自に作成しております。メーカー等から提供される素材を使用することはありますが、コンテンツの内容については一切関与しておりません。メーカー等の指示による表現にはPRを表記します。 ↩︎
タイトルとURLをコピーしました